すしとさんぎーたの日々

小さな幸せ探し

いやなことがあっても

なますて

 

 

これはネパールに限ったことじゃないかもしれない。

でも、ネパールに来て気づいたことがあります。

というよりも改めて気づいたことが。

 

 

 

先日、嫌なことがありました。

正確にいうと、嫌な気分にさせられました。

しかも、相手は全くそんな気もなく私に普通に接していたのだと思います。

 

 

私はこのネパールに来てからというものの、

ネパール人に甘えていたんだと思います。

 

 

 

 

たいてい、日本人でネパール語が話せるとなれば

老若男女問わず、興味をもつ、それとなく微笑みながら話してくれます

親身に話しを聞いてくれる。助けてくれる。(時間があって世話好きな人が多いので)というのが初対面でも多かったです。

話す前は仏頂面でもネパール語で話したとたん、警戒心がなくなったとかあります。

 

 

 

しかし、彼女は違いました。

私が面倒なことを片言のネパール語で言ったことに腹を立てたのか、

接客業なのに一回も微笑みすらなかったのです。

 

どこか違う国の人かと思うほど、ネパール人らしくなかった。

よく言えばサバサバ。悪く言えば、愛想もない人。

 

 

日本だったらそんな人、たくさんいるのでいちいちめげることは

ないけど、さきに述べたようなネパール人に慣れ切った私はショックと怒りが湧いてしまいました。

 

 

そして、モヤモヤしてそのお店を後にしました。

 

 

とぼとぼ歩きながらバスが来るのを待つのですが、こういう時に限って全く来ない。

いつもなら山手線並みにくるのに。

 

 

ネパールのバス事情は、都市部を除いて、ルート上であればどこでも止まって、どこでもおろしてくれるシステム。

 

仕方なく、近くでバス待ちをしてるお姉さんと話すことに。(人数がいる方が止まってくれる確率が高まるので)

 

ほんとに他愛もないこと どこからきたの、どこに住んでるの、

ネパールでなにしてるの?

 

とか話しているうちに、近くのお家で暇そうに座ってたおばちゃんも話に参加。

そうやって15分くらい他愛もない話した。

 

 

そしたら、あら不思議。

 

さっきの嫌な気分はどこかにいったみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネパール人に嫌な思いをさせられた。

だから、ネパールが嫌いになった

日本に帰りたい

 

というパターンもあるはずだけど、

 

 

ネパール人に嫌な思いをさせられた

でも、他のネパール人にその思いを打ち消してもらえた

ネパール嫌いにならずに済んだ

ハッピー

 

ともなる。

 

この間に日本人と話したら、きっと私はもっと嫌なところ探しをしてた。

 

 

そんな大げさにする話ではないかもしれないけど、

 

結局、どこの国にいても1対1の人との関係なんだ。

 

 

恋愛で傷ついた心は恋愛で癒えるように

ネパール人で傷ついた心はネパール人で癒せばいいのかなぁ。