すしとさんぎーたの日々

小さな幸せ探し

作ってみた①バラジャム

なますて~

夏が近づき、野菜、果物が採れる季節になりましたね。
我が家は先祖代々の土地(笑)で畑を耕したりお花を育てています。
おかげさまで毎日新鮮な野菜が食べれて幸せです。実家でよかったー。

 

f:id:sushisangiita:20170715232300j:plain

 

続きを読む

帰国しての逆カルチャーショック

なますて~

さて、日本に帰って来まして結構時間が経ちました。
そんな中、忘れてしまいそうな日本に帰ってすぐの感動やネパールとの違い。

帰ってきてすぐは戸惑っていたのに、もうすっかり日本に慣れて忘れてしまったり、逆にいまだに違和感があってどこか変な感じがすること。

 

今回はそんな逆カルチャーショックを忘れないために書き記しておこうと思います。

続きを読む

しゃべるネパール語④ (量り売りのお買い物編)

なますて


さて、日本もネパールも雨が多くなってきたみたいですが、
暑くなって来てフルーツを食べたくなりますね。


ネパールは日本ではなかなかお目にかかれない
マンゴー、ライチ、パイナップル、パパイヤやグアバが採れます。
しかも、どれも日本よりも安い!
私も事務所にあるグアバの木から採って食べたりしていました。

 

f:id:sushisangiita:20170616144231j:plain

 

 

ネパールや暑い地域では日本と違ったフルーツが採れるので、
ぜひ訪れた際には食べたいですよね。

ということで今回のテーマは、「フルーツや野菜を買ってみよう!」

 

続きを読む

しゃべるネパール語③(挨拶・自己紹介編)

なますて
さてさて好評につきまして、しゃべるネパール語第3弾です。

会話編
今回のテーマは、「あいさつから自己紹介しよう!」
 

続きを読む

インドのハンピ村② 写真多め

なますて

 

前回に引き続きインドのハンピ村についてお話ししていきます。

遺跡やハンピの澄み渡る空の写真と共にご覧ください。

写真が多いので、容量にご注意ください。

 

 

 

続きを読む

インドのハンピ村①

なますて

 

インドのバンガロールから電車で9~10時間のところにあるハンピ村
ここは、インドに行ったら絶対に訪れるべきと言われている
古い遺跡のある村、観光地です。

 

いつかの地球の歩き方の巻頭ページ
「インドへの誘い」にも使われていましたね。

”悠久”という名がぴったりの場所。

 

続きを読む

靴は買ったらすぐ縫うのが当たり前!?

なますて

 

ネパールでは道端で商売している人がたくさんおり、

彼らは道の両端に日用品や服や靴、野菜を並べて売り出しています。
そんな彼らと少し離れたところに、色々な工具を並べたおじちゃんが座っています。
さて彼の職業はというと?

続きを読む