すしとさんぎーたの日々

小さな幸せ探し

ワナッカム!チェンナイから。

ワナッカム

お久しぶりです。

もうブログ更新を怠ってから2年も経とうとしていますね。

その間に、私のあいさつは、「こんにちは」→「ワナッカム」と変わりました。

 

そう。いまは念願であった南インドのチェンナイ(旧名マドラス)という街に

住んでいます。

ネパールのネタであるこのブログにさらに、南インド、チェンナイのこともお話ししていけたらと思います。

ちなみにワナッカムはタミル語ですよ。

 

最近、COVID-19

 

最近のニュースとしましては、コロナヴィルスでもちきりですね。

インドでも、昨夜モディ首相により、21日間の封鎖が発表されました。

https://www.cnn.co.jp/world/35151305.html

 

その前から、国際線の着陸禁止、外出禁止令のアナウンス、各州ごとによる封鎖の発表があったので、ドキドキと発表を待っていましたところ、まさかの21日間!!

でも、インドの医療事情を考えると、不要に出歩かない、不要な接触をしないことは大事だと思います。

もちろん、私も自宅でおとなしく過ごしています。

 

ほんの一ヶ月前までは、

4月にネパールに遊びに行けなくなった、、涙

インド国内も遊びに行けなくなった、、涙
モールも閉鎖された、、涙
職場もお休みになった、、涙
家の外にすら出れない、、、←今、ここです。

 

この気持ち


もともと、しばらく日本に帰るつもりはなかったのですが、

「帰らない」「帰れない」はやはり違うものがあります。

 

こういう気持ち、前にも感じたと思ったら、2015年、ネパール大地震のときでした。

 

あの時は、わたしは地方に住んでおり、首都カトマンズからは遠い場所でした。
待機が言い渡され、帰れなくなりました。
確かに、がれきの山の首都へ行くよりも被害が少なかった地方のほうが安全。
首都の人たちは、一時帰国することになり、
帰る者、残される者になりました。

今回も、早々と帰る人、残る人となりました。

 

あの時は、先が見えないのと、余震の怖さなどありました。
また、ネット回線もあまり良くなかったんですよね。

 

音楽のちから


そんな不安な時、わたしを救ってくれたのは音楽だったのです!


しかも、その時は大好きなアーティストではなく、

(そのアーティストももちろんですが!)

 

まさかの!  モーニング娘。!!


初めて自分で買ったCDは「Loveマシーン」という世代です。

 

突然シャッフルで流れてきた歌に慰められました。
彼女たちの底抜けに明るい歌、よくわからない歌詞。
あーアイドルってすごいなぁと思いました。


自然災害と今回の感染症では、状況は違います。

 

でも、どうしようもない不安。
しかも、異国の地で一人。ということは同じですね。

 

さて、今回は世界的流行ということもあり、

様々なアーティストさんがYouTubeなどで、ライブ映像をあげてくれていますね。

本当に励まされます。

特に、浜崎あゆみのライブ映像に感動!
あの歌姫も汗を流して歌っていたのかと。
(ええ。あゆがカリスマと言われていた頃の世代です。)

 

ありきたりのことばですが、

音楽のちからは本当にすごい!!

 


2015年のときはインフラもままならない自然災害。

今回はネット環境はあるし、最低限のインフラは確保されている。
ただ、家にいることを守って、ウィルスをもらわない、広げないこと。
早く収束するように祈るばかりです。

 

21日間あるのでこれからま


た、インドやネパールのこと更新していきます。

どうぞよろしくおねがいします。

 f:id:sushisangiita:20200325153242j:plain

ネパールで会える動物たち

f:id:sushisangiita:20180624223659p:plain

なますて!

お久しぶりです。

 

もう2か月前にもなりますか。

GWにインド、ネパールと弾丸で行ってきました。

 

そこで癒されに行ったのですが、一番何に癒されたかというと、動物たち!♡

人間よりも動物撮ってたのではないでしょうか。

日本だと気軽に動物に触れある機会も少ないですからね、、

 

そこで今回はネパールで出会える動物を紹介していきます。

 

身近な動物たち

f:id:sushisangiita:20180624223857j:plain

◇कुकुर (kukhura)ニワトリ

どこの家庭にもたいていいるニワトリです。食用だったり、卵を食べるようだったり様々。とっても気軽な家畜。

 

 

f:id:sushisangiita:20180624224206j:plain

 

f:id:sushisangiita:20180624224217j:plain

◇   कुकुर(kukur)イヌ

こちらもよく見かける犬。ヒンドゥー教では犬は大切にされているからか、道端でこんなにも気持ちよさそうに寝ています。

野良犬だけどみんなエサをもらっているのかふくよか。

ニワトリと発音が似ているので間違えると大変!

 

 

f:id:sushisangiita:20180624224552j:plain

◇बिरालो(biralo)ネコ

イヌよりも人気度の下がるネコちゃん。

私はネコ派なのでひいきめに見てしまうけど、カメラを向けるとポーズを決めるあたりがやっぱり犬とは違うなぁ。

 

 

f:id:sushisangiita:20180624224838j:plain

◇बाख्रा(baakhra)ヤギ

家畜の定番のヤギさん。主に食肉用。特にお祝いごとの時に食べられます。

チキンよりも高い部類。

ネパールでマトンというと大抵がヤギ肉。

 

 

f:id:sushisangiita:20180624224850j:plain

◇भैसी(bhaisi)メスの水牛

主にミルクの為に飼育されています。水牛のミルクは少し油分が多くて濃い印象。

このミルクを飲んだり、ヨーグルトを作ったりします。

ちなみにオスはराँगो(rango)

ヒンドゥー教では牛の肉は食べることが禁止されていますが、水牛は別です。

バフモモは水牛のお肉のモモです。

 

 

f:id:sushisangiita:20180624224857j:plain

◇गाई(gai)牝牛

こちらは日本でも見るような牛ですね。

こちらは絶対に食べてはいけません。

 

f:id:sushisangiita:20180624224901j:plain

◇सुँगुर(sungur)ブタ

こちらはネパール人でも食べない人が多いですが、マガールなどの特定の民族では食べられます。

また、近年は韓国料理屋も観光地にはあるのでそちらで消費されているようです。

ここの飼育場の面白いところは、ブタの糞を栄養にして魚の養殖もしているところですね。ここの魚もレイクサイドで食べられてるそうですよ。

 

f:id:sushisangiita:20180624224911j:plain

◇चरा(cara)鳥

名前はわかりませんが、その辺にたくさんいます。

この子は人間に育てられたので、私の足をつついてくるほど、人馴れしてました。

 

 

チトワン国立公園で会える

 

f:id:sushisangiita:20180624230416j:plain

◇हात्ती(hatti)ゾウ

チトワンといえばゾウですね。国立公園内をめぐる時に私たちを運んでくれる頼もしい子たちです。

 

 

f:id:sushisangiita:20180624230427j:plain

◇गोही(gohi)ワニ

公園内にはワニが二種類いるそうです。

肉食のワニと、魚を主食とする無害のワニと。

ゾウに乗っているので安心して見られますね。

 

 

f:id:sushisangiita:20180624231445j:plain

◇गैंडा(gainda)サイ

インドサイの親子にも運がいいと会えます。

ゾウの上から見るとサイも見下ろせますので可愛らしいですが、歩いている時に出会ったら木の上に逃げろとガイドに教えられました。

たまに夜中に近くのホテルの方まで出てきて散歩しているとか、、、

 

国立公園内にはまだまだ鹿やサルトラ、たくさんの野鳥など魅力的な動物がたくさんいます(´▽`)

 

山で出会える

f:id:sushisangiita:20180624231955j:plain

◇घोडा(ghoda)ウマ

山で主に活躍しています。急な山道も荷物を担ぎながら滑るように降りていきます。

頼もしいです。

 

f:id:sushisangiita:20180624231959j:plain

◇भेडा(bheda)ヒツジ

ダサインのお祭り期間になると山から下りてくる羊たち。

ヤギ肉より上がヒツジ肉なので、本当にお祝いの時に食べます。

これだけ集団で山から何日もかけて降りてきて、よく迷子にならないなぁといつも感心します。

 

 

さて、少しですがネパールで出会える動物を紹介してみました。

癒されるだけの動物ではなく、家畜として共存して生活に密着している動物がたくさんいるネパールはまた日本とは違いますね。

そして、私のカメラに収められていないだけで、まだまだたくさんの動物がいます。

次回行ったときにまた撮って来ようと思います(´▽`)

 

読むネパール語①

 

f:id:sushisangiita:20171230220340p:plain

 

なますて

こちらネパール語の文字テバナガリ文字というものです。

よくミミズがはったような文字で読めない。と言われますが、こう見えてももちろんちゃんと法則があります。

こちらは「ネパール語」と書いてあります。

 

今回はその文字に少しでも親しみを持ってもらえるように紹介します。

続きを読む

このご飯はネパールだといくら?

f:id:sushisangiita:20171126222858p:plain

 

なますて
先日、機会があって中学生にネパールのことについて話すことがありました。
そこで、最後に生徒が質問をしてくれたのですが、いい質問だなぁって思ったので紹介します。

 

続きを読む

しゃべるネパール語⑤ カジャ屋さんで注文する

なますて

 

ネパールにいた頃、

私はネパール料理大好きなので、毎日のカジャタイム(おやつ、軽食)を楽しみにしてました。

色んなお店で食べて美味しいところを探してました。

さて、今回はそんなちょっと小腹空いた時に食べたくなるカジャを注文することについてです。

 

 

f:id:sushisangiita:20171029231719j:plain

続きを読む

想像してみよう。ネパール人と恋愛するなら

f:id:sushisangiita:20170905222438j:plain

 

なますて

みなさんは国際恋愛って興味ありますか?

ネットを見ても国際恋愛に憧れる人はいるみたいです。

でも、それの対象ってたいてい先進国の人だと思うんです。

 

そこでふと、ネパール人との恋愛も国際恋愛だよなぁっと思い、

ネパール人との恋愛・結婚について考えてみました。

 

 

このグローバルな時代に日本人とネパール人のカップルはちょいちょい聞くので、

決して他人事ではないはず!

恋愛経験豊富でない私が想像したものですので、至らない点はご容赦ください。

 

 

続きを読む